介護保険についてのQ&A

Q1:介護保険を利用しようと思うが、何からやればいいですか?

A1:サービスの利用を希望する人は、市区町村の担当窓口に「要介護認定」の申請をしましょう。申請は本人または家族が行いますが、申請ができない場合には、成年後見人、地域包括支援センター、または指定居宅介護支援事業者に申請を代行してもらうこともできます。
ハッピーケアプランでも、この申請の代行をおこなっております。一度お電話下さい。

Q2:要介護認定はどうやって行うの?

A2:市区町村の職員などが自宅を訪問し、新進の状況について本人や家族から聞き取り調査を行います。聞き取り調査は全国共通の調査票に基づき、基本調査、概況調査、調査員による特記事項の記入を受けます。また、本人の主治医に心身の状況についての意見書を作成してもらいます。主治医がいない場合には市区町村の指定した医師が診断します。
認定調査の結果と医師の意見書をもとに、保健・医療・福祉の専門家による介護認定審査会で審査され、認定が下ります。
認定結果は、申請から30日以内に、市区町村から認定結果通知書と結果が記載された保険証が届きます。

Q3.1:要介護と判定されたらどうするの?

A3.1:要介護1~5と認定された人は、在宅サービスと施設サービスのどちらかを選択し、在宅の場合は居宅介護支援事業者のケアマネージャーに依頼して、利用するサービスを決め、介護サービス計画(ケアプラン)を作成してもらいます。

Q3.2:要支援と判定されたらどうするの?

A3.2:要支援1・2と認定された人は地域包括支援センターで保健師等が中心となって介護予防サービス計画(介護予防ケアプラン)を作成します。

Q4:ケアプランにもとづいて介護保険サービスを利用したした場合の費用負担はどうなるの?

A4:ケアプランにもとづいてサービスを利用するとき、みなさんがサービス事業者に支払うのは、原則としてかかった費用の1割です。
介護保険では、要介護区分(要支援1・2、要介護1~5)に応じて利用できる上限額が決められています。上限の範囲内でサービスを利用するときは、負担は1割ですが、上限を超えて利用した場合には、超えた金額の全額が利用者の負担となります。